2015年12月03日

『ラスト・ナイツ』見た!!

<ラスト・ナイツ>
画像
ずっと迷い倒しとった映画『ラスト・ナイツ』上映最終日にギリギリ見た!!

ミッドランドスクエアシネマ
にて。

最近ハズしたくなくてさー。


内容は、

狡猾(こうかつ)な政治家が台頭し、戦士たちが追いやられようとしている帝国。

ある日、強欲な大臣から賄賂を要求されるも、それを断った上に彼に刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)が反逆罪に問われるという事件が起きる。

その後死刑判決が下され、自身のまな弟子であった騎士ライデン(クライヴ・オーウェン)の手で斬首されてしまう。

1年後、ライデンは酒に溺れる毎日を送り、ほかの騎士たちも刀を捨てていた。

だが、その裏で彼らは主君バルトークの敵を討ち、堕落した権力者たちへ報復する計画を進めていた。(Yahoo!映画引用)−って

レビューには「途中まで退屈」だとか「まんま忠臣蔵でなんの捻りもない」とか書いてあったけど、「映像がキレイ」とか「久しぶりに良い映画だった」という意見の方に賭けた。

まあいろいろご意見はあるでしょうが、細かいことはどーでも良い私としては、映像音楽雰囲気られた。

そーだな〜

けっこう見応えあったし、83点くらいかな。

全く退屈なんてしんかったよ。

ただ・・・

バルトーク卿は、汚職賄賂を認められないのもわかるけど、自分の言動によって家臣家族が酷い目にあうことは考えんかったのかな。

もう少し、巧くやれんかったのかな、と思った。

まあお話だし、そこを巧くやっとったらこのが成り立たんでイイけど。

それから、吉良上野介的な役は、あとでを狙われることに怯えるくらいなら、あんな酷いことさせてイカンわ。

本国ではヒットしんかったらしいけど、こーいう精神って欧米人には理解できんのじゃないかな、と思う。

想像だけど。


posted by RACO at 23:54| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン