2016年01月14日

『あの頃エッフェル塔の下で』見た!!

<あの頃エッフェル塔の下で>
画像

なんとなくタイトルに魅かれて鑑賞

伏見ミリオン座にて。

あの頃エッフェル塔の下で

内容は、

外交官で人類学者のポールは、長かった外国暮らしを終えて、フランスへ帰国する。ところが空港で、彼と同じパスポートを持つ“もう一人のポール”がいるという奇妙なトラブルに巻き込まれる。偽のパスポートが忘れかけていた過去の記憶を呼び覚まし、ポールは人生を振り返りはじめる。

幼い頃に亡くなった母、父との決裂、弟妹との絆。ソ連へのスリリングな旅、そしてエステルとの初恋。

憧れのパリの大学に通うポールと故郷に残ったエステルは、毎日手紙を書き綴った。変わらぬエステルへの想いに気づいたポールは、数十年ぶりに彼女からの手紙を読み返し、ある真実に想い至るが──。 (公式HP引用)−って

かろうじて寝んかったけど、またしても微妙映画だった。

本編が始まってから劇場に入ったせいかな、とも思ったけど、どうやら違うっぽい。

ポール当局スパイ容疑をかけられ事情聴取みたいなのを受けるうち、青春時代回顧していくんだけど、そのままたいしたオチもなく映画が終わってしまった感じ。

って言うか、スパイ容疑ははれたのか!?

エステル
綺麗だったけど、また映画意味がわからんかったわ。


78点!!

最近”あたり”
がない。

それはさておき、フランスって自宅ベッドに”息子とその彼女”が寝とってもフツーなのか(;O;)

ちなみに、エッフェル塔はほとんどカンケーない。


posted by RACO at 23:47| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン