2016年02月02日

『信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)』見た!!

<信長協奏曲>
画像
映画を見るために、
録画してあったドラマ3日間全部見て、いざミッドランドスクエアへ。

ドラマがすっごい面白くてさー、久しぶりに入り込めたわ。

信長協奏曲

内容は、

戦国時代にタイムスリップした高校生・サブロー(小栗旬)は、奇しくも同じ顔をした織田信長(小栗二役)と出会い、信長として生きることになってしまう。はじめは逃げ腰だったサブローであったが、戦の惨状を目の当たりにするにつけ、織田信長として生きる覚悟を決め、戦のない世をつくろうと思い始める。

歴史音痴のサブローは、史実を知らないまま、桶狭間、上洛、金ヶ崎、浅井朝倉との戦い……と歴史通りのことを成して、ついに安土城を完成させた。これで天下統一も間近と思った矢先、ふと手にした歴史の教科書で自分(=織田信長)がもうすぐ死ぬ運命にあることを知る。

信長を狙う敵は多い。彼を怨んで暗殺の機を窺う秀吉(山田孝之)や、彼に嫉妬する本物の信長・明智光秀(小栗旬)も虎視眈々と彼の寝首をかこうと狙っていた。光秀は、自ら信長の座を手放したにも関わらず、恒興(向井理)をはじめとする家臣の信頼や妻・帰蝶(柴咲コウ)の愛を勝ち得ているサブローに憎しみを抱くようになっていたのだ。

死が迫りくる中、信長は運命に抗い、生き抜こうと決意。その思いの表れとして、帰蝶との結婚式を企画する。その場所は京都・本能寺。それを知った秀吉は、光秀に本能寺で信長を討つことを提案するのだった・・・。

刻一刻と戦況は激しくなっていく。信長は歴史を変え、平和な国を築くことができるのか!?

1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは・・・?(公式HP引用)−って

すごい良かった〜!!

やっぱりタイプスリップ物は面白い。

私の中で、
『JIN』完全に超えたわ。

88点!!いや、90点!!

”信長ロス”になっちゃいそう・・・

まあ、サル君(秀吉)超悪者になっとったのはになったけど・・・

所々「キューン」とするだった。

帰蝶とのシーンだけでなく、家臣たちとのシーンにも。

本物信長にも。

ドラマだけど、おゆきが死んじゃうシーンにも。


”本能寺の変”のあと、信長遺体ってみつかってない、って聞くがね。

だから、そこで現代に戻るってことで終わるのかと思ったら、ちょっと違ったわ。

また、「史実的にめちゃくちゃ」ってレビューに書いとる人がおるけど、だで、これ、ドラマなんですけど!?

「時代劇なのに戦国時代の人たちの言葉も現代風」批判しとる人もおるけど、だで、これ、月9なんですけど!?

そんなに時代劇が見たけりゃ、大河とか見やあ!!

だいたい大河でも今はわりと現代風だがね。

そして、小栗旬”大根”とか書いとる人がおったけど、どこに目つけとるんじゃ!ボケ!・・・と思った。

別に小栗旬ファンてワケじゃないけど、二役演じ分けはすごい上手かったと思うわ。

あーぁ、久しぶりに良かったな〜

ドラマ直前に見たのも正解だったかも。

もー一回ドラマから映画をひと通り見るかも知れん。

個人的には、家康君サイコ―

もう続編はなさそうな終わり方だったけど、今度は戦国時代から家臣たちが現代タイムスリップしてくるといいのに。

とにかく、久しぶりにすっごいはまったよ〜

そうそう、私は、映画じゃなくてもスペシャルドラマで良かったとは思わん。

武将に乗ってドンドン集まってくるシーン圧巻だったよ。

ただ・・・確かに、SDカードのくだりはビミョーかも。


<信長協奏曲>
画像

posted by RACO at 23:37| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン