2016年02月18日

『最愛の子』見た!!

<最愛の子>
画像
中国で、実際にあった誘拐事件になっとるこの映画

その誘拐事件ネットニュースで見て知っとったので、映画化すると聞いたから、絶対見ようと思っとった。

なわけで、名演小劇場にて。


最愛の子

内容は、

中国、深※(※…土へんに川)。

その市街地で、3歳になる男児ポンポンが姿を消してしまう。

死に物狂いで愛する息子を捜し出そうと、警察に捜索を訴え、インターネットを通じて消息に関する情報を集める両親だったが、息子と会うことはかなわない。

それから3年後。

後悔の念と罪の意識を抱えながら捜索を続ける二人は、ついに中国北部の村で生活していた彼と再会。

6歳になった息子を連れ戻そうとするが、育ての親から離れたくないと激しく拒まれてしまう。 (Yahoo!映画引用)−って

えっとー、泣きそうになったシーンがいくつもあったし、とにかく”親(育ての親も含めて)が子を想う気持ち”が辛かった。

えっと、”育ての親”っていうのは、自分が子どもができないなので”深センの女に産ませた”というを信じて、死後もそのたち(ポンポンのあとで誘拐したのか拾ってきたのかわからん女の子もおる)を大切に育てとったのことね。

で、真実がわかって子ども達と引き離されたあとも、なんとかもう一度自分の手元に置こうと奮闘するんだけど・・・

結局”子どもができない体”ではなかった、っていうオチで・・・

はっ、どーいうこと?

今からでも自分に本当子どもが産まれればればこの子たちは要らん、ってこと!?


あのオチ、ない方が良かったがする。

モデルになった事件には、あんなオチはないんだよね〜

なわけで、ラストだけが非常残念

あんなオチでなければ、85点!!

その育ての親ヴィッキー・チャオ、実母ハオ・レイっていう中国女優さんたちが演じとったんだけど、二人ともすっごく魅力的だった

それにしても、中国って恐いわ。

毎年20万人もの子どもが誘拐されとるんだと(;O;)

しかも、そんな子どもが誘拐されたを騙してお金を盗ろうとする詐欺師山ほどおる。

まあ、そーいう酷い奴らは日本にもおるけどねっ。

ところで、大泉洋が出とったよね〜??

”子どもを誘拐された親たちの会”リーダー役

すごい似とったことない!?


もはや、大泉洋にしか見えん!!

それから、弁護士役野比のび太(ドラえもんののび太君に似とる)は、決してイケメンじゃないけどイイ味出しとった・・・

今度『更年奇的な彼女』っていう中国映画に出るらしいよ。

更年奇的な彼女

これって『猟奇的な彼女』リメイクなの!?

でも、一瞬タイトルを見ただけでは、更年期映画勘違いしそう(*_*)

最後に・・・

書かんどこうかと思ったけど、やっぱり書こう。

実父役俳優さんは・・・キムタクに似てない!?

100%否定されるはするけど。

なんていうか、キムタクのあっちのとこっちのみたいな・・・

以上

posted by RACO at 22:32| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン