2016年03月23日

『僕だけがいない街』見た!!

<僕だけがいない街>
画像
『マリーゴールド・ホテル』に続いて、『僕だけがいない街』を見た!!

邦画だけど、予告編が面白そうだったで、最初から見るつもりだった。

僕だけがいない街

内容は、

パッとしない漫画家でフリーターの藤沼悟(藤原竜也)は、事件や事故を看破するまで時間がループする現象・再上映(リバイバル)が起きるようになる。

何度もリバイバルを経験する中、母が何者かに殺害され彼は突如18年前に戻る。

小学生のころに起きた児童連続誘拐殺人事件と母の死の関連に気付いた悟は、過去と現在を行き来しながら事件の真相に迫っていく。(Yahoo!映画引用)−って話。

ハッピーエンドじゃなかったのが残念だけど、けっこう面白かったと思うんだけど・・・

見終わってから、Yahoo!映画評価を見たらイマイチだった・・・

確かに、犯人は出てきてすぐわかったんだけどね。

犯人役俳優が濃すぎるんだわ。

もっとイイ人そうな、まさかっ、ってにしなイカンわ。

その犯人に落とされてから、面白さが失速したことも確か。

落とされて助かったらしい、のに、犯人がずっと捕まっとらん、っておかしいがね。

そーいう、ところどころが残念だけど、まあ82点!!

そうそう、石田ゆり子藤原竜也お母さん役だったんだけどねー、若くて綺麗過ぎて母親には見えんかった。

実際、若すぎるでしょっ!?

レビューで誰かが、「原作は『ミッション8ミニッツ』のあとだとか何だ」とか書いとったけど、別にイイじゃん、そんなこと。


posted by RACO at 23:52| 愛知 | Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン