2016年04月20日

『母よ、』見た!!

<母よ、>
画像
この映画、感動作に見えて、なんかレビュービミョーそうだったけど、どうしてもになって・・・そろそろ上映終了してしまうので、ダメ元伏見ミリオンへ。

ずっと一番小さいミリオン3だったから、なんか行きそびれとったんだわ。

母よ、

内容は、

マルゲリータ(マルゲリータ・ブイ)は恋人と別れた上に、娘のリヴィアが反抗期真っただ中。

兄のジョヴァンニ(ナンニ・モレッティ)と一緒に、入院中の母親アーダ(ジュリア・ラッツァリーニ)の世話もしていた。

さらには、自身が監督する映画に出演するアメリカ人俳優バリー(ジョン・タートゥーロ)とうまくいかず、ストレスを抱えるようになってしまう。

そんなある日、マルゲリータは母親の余命宣告を受け……。 (Yahoo!映画引用)−って

うーーん、なるほどね。


悪くはないけど・・・

マルゲリータ余裕がなさ過ぎて、ちょっとイラっとする。

マルゲリータには”映画監督”っていうもあるし、もいるし、仕事辞めてまで母親看護をしようとするお兄さんもいるし、恵まれとると思うけどね。逆に。

そーいうとこが、低評価所以かも。

特に、感想はないな〜

敢えて言うなら、あのバリーっていう主役俳優食事するくだり、要るか!?

バリー誕生日撮影現場でおばちゃんと踊るシーンも、要るか!?

そんな感じで・・・75点!!

まあ、こーいうことがにも遅かれ早かれ起こるってことを再認識できたは、良かったかも。
posted by RACO at 12:37| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン