2016年05月04日

『スポットライト 世紀のスクープ』見た!!

<スポットライト 世紀のスクープ>
画像
ベイシティで見ようと思っとったけど時間が合わず、ピカデリーでも上映しとったのでピカデリーにて。

チケットネット購入できんのは面倒だけど、劇場伏見ミリオンより大きいのでプレッシャーがかからん。

ミリオンは混んでそうだからね・・・

スポットライト 世紀のスクープ

内容は、

2001年の夏、ボストン・グローブ紙に新しい編集局長のマーティ・バロンが着任する。

マイアミからやってきたアウトサイダーのバロンは、地元出身の誰もがタブー視するカトリック教会の権威にひるまず、ある神父による性的虐待事件を詳しく掘り下げる方針を打ち出す。

その担当を命じられたのは、独自の極秘調査に基づく特集記事欄《スポットライト》を手がける4人の記者たち。

デスクのウォルター"ロビー"ロビンソンをリーダーとするチームは、事件の被害者や弁護士らへの地道な取材を積み重ね、大勢の神父が同様の罪を犯しているおぞましい実態と、その背後に教会の隠蔽システムが存在する疑惑を探り当てる。

やがて9.11同時多発テロ発生による一時中断を余儀なくされながらも、チームは一丸となって教会の罪を暴くために闘い続けるのだった・・・。(公式HP引用)−って

そーいえば、9.11のあと、そんなニュースがあったな〜

衝撃を受けたがする。

酷い話だ・・・

子どもじゃなくても、大人でも、神父のことは疑わんもんね・・・

それにしても、おかしな性癖神父多過ぎ!!

大丈夫なのか(+_+)

性交を禁じているから、なんてのは関係ないに。

神父なら、やってイイことと悪いことの区別はつかなイカンはず。

そして、幼いころの虐待予想以上を残すことがわかった。

なわけだけど、映画期待を裏切らず、見応えがあって、ドンドンひきこまれた。

91点!!

日本マスコミも、あれくらいきちんと仕事して欲しいわ。

まあ、この映画は、新聞なんだけどね。

とにかく、おススメ

登場人物が多くて混乱したけど・・・神父名前とか、弁護士名前とか・・・



posted by RACO at 22:56| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン