2016年05月09日

『山河ノスタルジア』見た!!

<山河ノスタルジア>
画像
伏見ミリオン座で、中国映画『山河ノスタルジア』を見た!!

山河ノスタルジア

内容は(長いけど)、

―――1999年
山西省・汾陽<フェンヤン>。
小学校教師のタオは、炭鉱で働くリャンズーと実業家のジンシェンと幼なじみ。二人から想いを寄せられていたタオは、三人での友情を大切にしていた。内向的なリャンズーとは対照的に、自信家のジンシェンはタオの気を引こうとする。やがてタオはジンシェンからのプロポーズを受け入れ、傷心のリャンズーは街を出ていく決心をする。生まれた赤ん坊を抱きかかえるタオ。息子はドルにちなんで、“ダオラー”と名付けた。「チャン・ダラー。パパが米ドルを稼いでやるよ」タオはじっと、我が子を見つめていた―

―――2014年
タオはジンシェンと離婚し、一人汾陽に暮らしていた。ダオラーは父親のジンシェンに引き取られ、上海の国際小学校に通っている。離れて暮らす我が子への想いを胸に過ごすタオ。
ある日突然、タオを襲う父親の死。悲しみに暮れるなか、タオは葬儀に出席するためダオラーを汾陽へ呼び戻す。会えなかった息子との時間を埋めようとするタオだったが、彼がジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知らされる。

―――2025年
オーストラリア。父親と共に移住したダオラーは19歳になっていた。彼は長い海外生活で中国語が話せなくなり、孤独な日々を過ごしていた。父親との間にも確執が生まれ自らのアイデンティティを見失うなか、ダオラーは香港から移住してきた中国語教師ミアと出会う。
自分と同じように異国の地で暮らすミアと心を通わせるうちに、いつしかダオラーはかすかに記憶する母親の面影を探しはじめる―。 (公式HP引用)−って

予告編では、母子メインみたいだったけど、実際男2女1三角関係エピソード前半延々と続く。

「はっ!?導入が長過ぎん?」といい加減うんざりしてきた息子が出てきたけど、出てきたかと思ったら、今度親子ほどが離れた母国語教師との恋愛話へ。

もちろん、故郷母子も入るけど、母親再開する映画は終わっちゃうし、なんかちょっと違ったかな〜


そーいう意味では、73点!!

2014年タオ父親(ダオラーの祖父)のお葬式、悲しいのはわかるけど、久しぶりに会った母親があんなんだったらイヤだな、私。

泣いたりわめいたり、怒ったり・・・

中国韓国はアレがフツーなのか・・・。・・・!?

(母親と同年齢の)教師との恋愛エピソードもどーなの!?

恋愛させんでもイイんじゃないか、と思った。

うーーーん

この映画新聞には高評価で載っとったらしいけど、中国興味がないにはおススメしん。

えっ、って思うと思う。

ってか、予告編母子オシでなければ良かったのかも知れんけど。

posted by RACO at 23:32| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン