2016年06月14日

『アウトバーン』見た!!

<アウトバーン>
アウトバーン
ベイシティ『アウトバーン』を見た!!

アウトバーン

内容は、

天才的な腕を持つ自動車泥棒として活躍していたものの、アメリカを離れてドイツのケルンへ渡ったケイシー。

マフィアを率いるゲランのもとで働いていた彼は、同じアメリカ人の女性ジュリエットと恋に落ちたのを機に裏社会から離れて生きようと決意する。

だが、ジュリエットが腎臓移植をしなければ命が危ういことが発覚。

移植手術に必要な大金を稼ぐため、彼はゲランの仕掛けるゲームに乗ることに。

それは、ヨーロッパの物流を手中に収める実業家にして麻薬王でもあるハーゲン・カールがチリから密輸した膨大なコカインをトラックごと奪うというものだった。

トラックにはGPSが搭載、運転席は監視カメラによって常時モニタリング、なにかあれば武装した私兵軍団が急行するという厳戒な警備態勢に挑み、ハーゲンに察知されることなく強奪に成功したかのように思えたケイシー。

しかし、瞬く間にハーゲンに犯行を知られて追われる身となり、ジュリエットを人質に取られてしまう。

絶体絶命という状況から逃れるべく、彼は速度無制限の高速道路“アウトバーン"を舞台にしたバトルとチェイスに身を投じていく……!(公式HP引用)−って

あんまりリサーチすることなく深く考えずに見ちゃったら、オープニングからカーアクションシーンで、正直「失敗した!!」と思った。

良く考えたら、タイトル”アウトバーン”だもんね。


そりゃ、カーアクションシーンメインだわね・・・

まあでも、Yahoo!映画酷評されとるほどでもなく、ずっとハラハラドキドキでそこそこだったよ。

ハラハラドキドキとは言いながら、主人公はどんな絶体絶命状況に陥っても上手く切り抜け、えーーーっ、って言うくらい不死身だったけど。

けど、いいわ。

バッド・エンドだと後味悪いで。

絶対助かりそうになかったけどね〜

一応どんでん返しっぽい展開もあったし。

まあ・・・78点!!かな〜

見んでも良かったと言えば良かった。

知らんばっかりだったし。

ゲランだけは、去年あたりに見た医者映画に出とったと思うけど・・・

そんな感じ。

posted by RACO at 22:55| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン