2016年06月30日

『ヒメアノ〜ル』見た!!

<ヒメアノ〜ル>
ヒメアノ〜ル
同僚
旦那さまから、「血だらけだし後味悪いから、見ん方がイイ」と言われとったけど、評価が高いしどーしてもになって・・・

センチュリーシネマにて。


ヒメアノ〜ル

内容は、

「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田(濱田岳)。

同僚の安藤(ムロツヨシ)に、想いを寄せるユカ(佐津川愛美)との恋のキューピット役を頼まれ、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一(森田剛)と出会う。

ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが・・・。

岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。

ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。

今、2つの物語が危険に交錯する。
(公式HP引用)
−って


殺人鬼森田非情で、登場したからずっとものすごく怖いんだけど、前半彼以外はすごく面白くてラブコメのよう。

特に、安藤さんはサイコ―

確かに血だらけでグロく直視できんくて、時折眼鏡を外して見とったけど。

でも、ラストシーンを見終わったらが出そうになった・・・。・・・

あのままいじめられることがなかったら、こんなことにはならんかったんだろーな、と。

見終わってから、ずっと「麦茶」クダリをぐるぐる回っとる。

だからって人を殺してもイイ理由には絶対にならんけど、殺すほどの勇気があるなら、そのに暴れて小出しにすれば良かったのにな、と思うわ。

こーいうの、子どもに見せたらいじめ抑止にならんかな、とか思ったけど、エロいしR15指定だでイカンか。

とにかく、『クリーピー』殺人鬼には一ミリ同情する部分がなかったけど、今回は恐怖よりもただただ悲しさ切なさが残った。

森田剛は、あのかみ合わない会話がじわじわと怖くて、完璧サイコキラーを演じとったのがすごいと思った。

演技には90点以上をつけたいくらいだけど・・・

話的にはやっぱり、当時高校生一人いなくなって事件にならんワケないし、安藤さんだけ止められんかったのはおかしいし、いろいろつっこみどころもあるわけで。

に、この現実味があっては怖いので、現実離れしとったがイイんだけど。

まーそーいうことも含めて、84点くらいで。

やっぱり、他人意見左右されずに見たいと思ったモノは見るべきだな。

失敗もあるけど・・・

森田剛ファンになりそう。

そうそう、濱田岳演技力はさすがです!!

ムロツヨシのおタクの演技も。


posted by RACO at 23:00| 愛知 🌁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン