2016年07月22日

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』見ちゃった!!

<TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ>
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ
今日は名演小劇場で見ようと思っとった映画が、直前になってドキュメンタリー映画だと判明したので、急きょ、109シネマズ名古屋TOO YOUNG TO DIE!変更

この映画予告編が面白そうでになりつつ見るつもりまでははなかったんだけど、ちょうどイイ時間にやっとったで、たまっとるポイントで見ることにした。

ってか、他にはもなかった。

ドキュメンタリー映画イヤだからさ。

TVで見るならドキュメンタリーは嫌いじゃないけど、劇場では”話”を楽しみたい。

”事実が基になった話”ならOKだけど。

なわけで、


TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

内容は、

フツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんのことが大好き。

修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。

目覚めるとそこは―深紅に染まった空と炎、ドクロが転がり、人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!!

なんで俺だけ!?

まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!

慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図を率いる赤鬼のキラーK。

キラーKによると、なんと、えんま様の裁きにより現世に転生するチャンスがあるという!

キラーKの“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた、大助の地獄めぐりが幕を明ける!!!!!(公式HP引用)−って

なんだこれ!?

面白いがね!!

くだらないと言えばくだらないし、バカバカしいと言えばバカバカしいけど、けっこう笑えた。

ひょっとして、私はクドカンワールドが好きななのか!?

『あまちゃん』見とらんけど・・・。・・・

それに、出演者がみんな上手い。

柴犬に生まれ変わったのもポイントが高いし・・・

面白いだけじゃなくて、宮沢りえ会話ラストシーンにはジーーンときた。

帰り道、の中で、長瀬が歌ってた「天国」(だったっけ)のサビがぐるぐる回っとったよ。

見んつもりだったけど、見て良かったわ。

82点!!

そー言えばさー、『なくな、はらちゃん』主題歌(挿入歌!?て似たようなじゃなかったっけ・・・

全く覚えてないけど、なんとなく・・・

posted by RACO at 23:13| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン