2016年07月25日

『ミモザの島に消えた母』見た!!

<ミモザの島に消えた母>
ミモザの島に消えた母
センチュリー
の大きいで、『ミモザの島に消えた母』を見た!!

ミモザの島に消えた母

内容は、

30年前、冬に咲く小さな花から通称「ミモザの島」と呼ばれる島沿岸の海で、一人の若い女性が謎の死を遂げた。

40歳になった今でも、愛する母を失った喪失感から抜け出せないアントワンは、真相を突き止めようとするが、何故か家族は“母の死”について頑なに口を閉ざす。

果たして当時、母の身に何が起こったのか?

恋人のアンジェルや妹アガッタの協力を得て、ミモザの島を訪れたアントワンは、自分が知らなかった母のもう一つの顔、そして母の死の背景に渦巻く禁断の真実に辿り着くのだったがー。(公式HP引用)−って

全く期待しとらんかったけど、そこそこだったよ。

なんか全員攻撃的でいがみ合い過ぎなもしたけどね。

途中”不倫の果ての心中とかか?”かと思って、「なんだそのオチ?つまらん!!」と思っとったら、さすがに違った。

そりゃ、子どもたちには言えんわ。

祖母も、自分たちにとっては身内なわけで・・・ツラい話だよね。


一つわからんことがあるんだけど・・・

使用人潮がひいたにだけ通れるを通って手紙を持って行き、復路”母”とすれ違ったよね

で、満潮になって・・・というのはわかる。

でも、ジーンはその手紙を読んだあと、に向かっとるんだよね

ジーンはどこを通ったの

ジーンにいたんでしょ

他にもがあるの

また干潮になってから通ったなら、”母”が見えとるよね

どっか見落としたかな??

なわけで、そこんとこはよくわからんかったけど、まあ81点!!


〔追記〕

あっ、違うか。逆かも知れん。

家が島にあって、ジーンは島じゃない方にいたんだね。


posted by RACO at 22:02| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン