2016年08月03日

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』見た!!

<トランボ ハリウッドに最も嫌われた男>
トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
センチュリーでも公開するみたいだけど、ベイシティ名古屋で見た!!


トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

内容は、

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリカ。

その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。

やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリアを絶たれた彼には仕事がなかった。

しかし友人にこっそり脚本を託した『ローマの休日』に続き、偽名で書いた別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、再起への道を力強く歩み出すのだった・・・・・・。(公式HP引用)−って

知らんかった・・・

アメリカでこんなことがあったなんて。

これって、ほら中国の、アレに似てない?!

文化大革命!!

さすがに文革ほどはひどくないけど、仕事を奪ったり、投獄したり。

ちなみに、『トランボ』公式HPには、


冷戦下にハリウッドを襲った赤狩りとは?

ソ連との冷戦時代、政府が共産主義者とその同調者を取り締まった運動のこと。中心的な役目を担った下院非米活動委員会(HUAC)は、疑いの目を向けたハリウッドの映画人を公聴会に召喚。最初の標的となり、証言を拒否して議会侮辱罪に問われた10人は”ハリウッド・テン”と呼ばれ、そのうち最も有名なのがダルトン・トランボである。

−と書いてあった。

中国はともかく、アメリカでもこんなことしとったとはね。

でも、トランボはすごい才能を持っとったようで、他人名前を借りたり偽名でも作品に出せるような才能のある人はイイよね・・・。・・・

なワケだけど、けっこう見ごたえがあった。

83点!!

posted by RACO at 23:57| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン