2016年08月30日

『ストリート オーケストラ』見た!!

<ストリート オーケストラ>
ストリート・オーケストラ
伏見ミリオン座『ストリート オーケストラ』を見た!!

ストリート オーケストラ

内容は、

バイオリニストのラエルチ(ラザロ・ハーモス)はサンパウロ交響楽団の最終審査に落ちてしまい、仕送りや家賃のためにスラム街の学校でバイオリンを教えることにする。

しかし教室は屋根もなく、生徒は意欲的なサムエル(カイケ・ジェズース)を除いて問題児ばかり。

ある日、ギャングに脅されたラエルチが見事な演奏で彼らを黙らせたことから、生徒たちも音楽の力を実感し、熱心に取り組むようになるが……。
(Yahoo!映画引用)
−って

えっとー、なんかちょっと想像と違うな・・・

ダメダメだったスラム学校生徒たちが、ラエルチ熱心指導演奏コンクール優勝する系のかと思ったら・・・

えっ!?

この子死んじゃうのーーー??と。

それに、コンクールはどーなった

コンクールって終わりの方でサムエルのためにやった屋外での演奏のこと??

あれ、コンクール???

ラエルチは自分の所属する有名オーケストラと子どもたちの指導両立しとったんだろうけど、有名オーケストラ練習発揮できん
とこからの流れで、その後そっちの描写演奏会までなかったで、「指揮者に認められるようになったのか、どうやって認められたのか」、なんだかわかりにくかった。

そして最後場面クレジットカード22枚オーケストラチケットを買っとったけど、あのカード大丈夫!?

なわけで、79点!!

ちょっと残念な感じだった。

期待し過ぎだったのかな〜
posted by RACO at 21:22| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン