2016年09月21日

『怒り』見た!!

<怒り>
怒り
なんとなく良さそうながして、『怒り』を見てしまった!!

ベイシティ名古屋にて。

怒り

長いけど、内容は、

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。
窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、「怒」の血文字が残されていた。
犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。
事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。

千葉――
3か月前に突然家出をした愛子(宮アあおい)が東京で見つかった。
彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。
愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。
8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。
愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。

東京――
大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。
彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。
ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。

沖縄――
また男と問題を起こした母と、夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。
ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未来)に遭遇した。

殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。
その顔は、出会った男に似ていた。

いつしか交際を始めた愛子と田代。
二人の幸せを願う洋平であったが、前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。

同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。
しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。

ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と、彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。
親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。

愛した人は、殺人犯だったのか?
それでも、あなたを信じたい。
そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。(公式HP引用)―って

2時間超えだったけど、3ヵ所テンポよく入れかわるし、犯人は誰だろ?」と考えとったらあっというに終わった。

Yahoo!映画レビュー「犯人はすぐわかる」的コメントがあったけど、私は最後までわからんかったけどね。

いったいどこでわかったんだ!?

犯人モンタージュ写真は、おそらく3人顔写真合成させて作っとるので、誰にも似とってあたり前、と思いつつ・・・よくできとった。

3つともはまあまあ面白くて、俳優さんたちの演技も巧かったと思う。

特に、宮アあおい”篤姫””はつ”とは全く違うし、妻夫木聡綾野剛ゲイにしか見えんし、森山未来はかなりヤバいし、広瀬すず辰哉君もなかなか。

辰哉君一人だけ「はじめまして」で、フツー人感半端なかった。

なわけで、83点くらい!?

でも・・・結局最初殺人動機がイマイチわからん。

別に被害者から”下”に見られたワケでもないと思うし、あそこからどうして惨殺に至ったのか

ただの癇癪持ち?


何かの罪で捕まって取り調べを受けとった容疑者が言っとった、「あいつ、蒸し風呂状態の家の中で1時間も生き返るのを待ってたんですよー」みたいなセリフがあったけど(ちょっと違うかも)、それがどうして旦那まで殺すことになったのか説明なかったし。

綾野剛病気クダリ突拍子もない感じだったし。

原作には、すず辰哉君を助けるためにあの事件詳細警察に話しに行くとか、千葉借金取りが現れたり、あとは忘れたけど、他にもいろいろ映画では描かれてないことがあるんだって。

そーいうのも描いたが良かったとは思うけど、すでに2時間超えだで仕方ないわね。

ちなみに、あの事件・・・那覇国際通りにある商店街のそばの公園で、「さすがにそれはないでしょー。映画だからだよね。」と思いつつ、沖縄たちはあんな危険にさらされとるのか―と心配になった。

ってかさー、この映画に関しては、辰哉君があんな行くでイカンのだわ


意味がわからんのだけど。

飲んで酔っ払って・・・


すず同級生なら、未成年なんじゃないのか!?

そこが私の最大”怒り”ポイント!!

東京は3つので最も切なく、千葉唯一ハッピーエンド風でちょっとだけ気持ちが救われた。

とまあ、こんな感じだけど・・・

私はI am ICHIHASHIも見ました。

I am ICHIHASHI

ディーン・フジオカのね。

posted by RACO at 23:57| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン