2016年09月28日

『ある天文学者の恋文』見た!!

<ある天文学者の恋文>
ある天文学者の恋文
ベイシティ
二本目『ある天文学者の恋文』見た!!

この邦題はどーなんだろ・・・???

ある天文学者の恋文

内容は、

名な天文学者エドと彼の教え子エイミーは、皆には秘密の恋を謳歌していた。

しかし、そんなエイミーの元に突然届いたエドの訃報。

現実を受け入れられないエイミーだが、彼女の元にはその後もエドからの優しさとユーモアにあふれた手紙やメールや贈り物が届き続ける。


エドの遺した謎を解き明かそうと、エイミーは彼が暮らしていたエディンバラや、かつて二人で時間を過ごしたイタリア湖水地方のサン・ジュリオ島などを辿りはじめ、そこで彼女が誰にも言えずに封印していた過去を、エドが密かに調べていたことを知るが―。(公式HP引用)―って

うーーーーん

映画冒頭エドエイミーキスシーンから始まったんだけど・・・

老人(一歩手前??)とのキスシーンて・・・く。

映像エイミー綺麗で、映画もまあそこそこ面白かったことは面白かったけど。

それに、見方を変えたら、死んだ恋人からメール手紙贈り物が届くのはホラー??

恋人が仕組んだことがわかった上で、こーやっていなくなってからも”通信”できるのは、そのを受け入れるためのリハビリになるかも知れんのけど。

そう、ちなみに原題LA CORRISPONDENZA/CORRESPONDENCE(通信)


ところで、エイミーエド自分過去にふれられて逆上して”通信”を自ら終了させて、そのあと後悔してなんとか復活させようとするんだけど・・・まさかあんなに早く終了させると思わんかったわ。

後のことを考えなさ過ぎでびっくりした(;O;)

そんなわけだけど、とにかく最初から最後までこの老人(おじさん??)との理解し難く・・・申し訳ないけど・・・

かと言って、エドは亡くなるくらいとなるとある程度年齢になるだろうし、エイミー中年女ではにならんだろうしということで仕方ないのかな。

それがになって、ホロリともグスリともしなかった。

まあ79点てことで。


posted by RACO at 23:52| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン