2016年10月20日

『男と女』見た!!

<男と女>
男と女
製作50周年記念上映らしい。

なんとなく、私は、名作と言われる作品でも、映画苦手だとわかってはいたけど、有名映画だから「見た方が良いのかな」と。

名演小劇場にて。

男と女

内容は、

フランスのドービルにある学校の寄宿舎に娘を預けて、パリで一人暮らしをしているアンヌ(アヌーク・エーメ)。

一方、カーレーサーのジャン(ジャン=ルイ・トランティニャン)もまた同じ寄宿舎に息子を預けていた。

子供を通して知り合った二人には、それぞれ夫と妻を亡くしたという共通の過去があった。

やがて二人は、互いへの思いと辛い過去の間で揺れ動き……。 (公式HP引用)―って

えーーーと・・・

たしかに、映像音楽はお洒落

アンヌ綺麗顔立ち

でも、よくわからん。

ちっとも面白いと思わない。

私は”映画好き”じゃないのか、良さが全くわからん。

ジャンモナコからパリまで、夜中を飛ばしてアンヌに会いに来るシーンは、で考えとることが安っぽいし。

翻訳がイカンのかな・・・


まあ、見る人が見たら、高得点なんだろうけど。

私は、70点台でした。

すんません。

あっ、忘れるところだった。

同時上映『ランデブー』

パリ観光地が見られるのは良いけど、こーいうの苦手イライラした。

映画8分何秒かあったらしいけど、わりと早い段階から「早くとまれ」「ぶつかればイイのに」と思っとった(T_T)


posted by RACO at 20:33| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン