2016年10月27日

『お父さんと伊藤さん』見た!!

<お父さんと伊藤さん>
お父さんと伊藤さん
明日上映終了だったので、『お父さんと伊藤さん』を見た!!

ベイシティ名古屋にて。

お父さんと伊藤さん

内容は、

「この家に住む!生活費は自分で払う!」
息子夫婦の家を追い出されたお父さんが選んだのは・・・
娘の彩と20歳年上(!)の彼氏・伊藤さんが同棲するアパート。
3人の共同生活は、嵐のように、突然始まった−!

お父さんは、ボストンバックと謎の小さな箱を持って彩たちの家に突然やってきた。

とんかつにかけるソースをめぐり激論を交わす夕食。

うすい壁一枚で仕切られた隣の部屋にいるお父さんの存在にあたふたする夜。

お父さんと伊藤さんの間に不思議な友情が芽生えていく日曜日の午後・・・


爆弾のように激しい性格のお父さんは、彩たちの穏やかだった日常を一変させてしまう。

それでも毎日のちょっぴりおかしなハプニングを経て、3人がひとつの家族のようになりかけた矢先・・・

「しばらくでかける」情けない文字で書かれた置き手紙がひらりと一枚机に置かれ行方不明に。

すれちがう3人の心が通じ合う日は、果たして訪れるのかー? お父さんが彩たちの家にやって来た、本当の意味とは―!?(公式HP引用)−って

この映画、たしかさ、(SMAPの)慎吾ちゃんが「面白かった」って言ったから見たんだけど。

うーーーん・・・

ところが、その面白さが私にはどうも伝わらんかったみたい。

つ、つまらんかったんだけど・・・

「久しぶりに声を出して笑った」って言ってたようながするんだけど、のせいか。

見終わってみると、一瞬「ひょっとしてイイ映画だったのかな・・・」とも思ったけど、声出して笑えるとこなんてない。

あらすじに、

うすい壁一枚で仕切られた隣の部屋にいるお父さんの存在にあたふたする夜。

なんてあるけど、ちょっと違うし。

お父さんが彩たちの家にやって来た、本当の意味―ってのもさ、慎吾ちゃんのドラマ『家族のカタチ』みたいに、実は末期ガン・・・的なヤツなのかと思ったら全然違って、あのお父さんが大事にしとったに入っとったも、なんであんなが入れてあったのか種明かしなしで、消化不良だったし。

私、あの義姉りり子がダメ。

ファミレスであんな風に大声でワーワー泣く、ヤバい感じがダメ。

渡辺えり子は・・・亡くなったお母さんなのかな、お母さんがなんで義姉のカタをもっとるのかもよくわからん。

お父さんの妹なのか!?

まあいいや。

まあいいんだけど、伊藤さんアルバイトで、生活してけるのかな、と心配にもなった。

貯金がいっぱいあるのかな・・・

と、どーでもいいことだけど。

77点!!

1,800円だったら怒っとる。

以上、あくまでも私の感想でした。



posted by RACO at 23:24| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン