2016年11月02日

『とうもろこしの島』見た!!

<とうもろこしの島>
とうもろこしの畑
『みかんの丘』を見たので、セット『とうもろこしの島』も見た!!

⇒『とうもろこしの島

こっちがだったら良かったかも知れん・・・。

内容は、

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。

両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。

この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。

両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗を育てる。

戦闘は悪化し、ある日、傷を負った若いジョージア兵がこの島へ逃げこんでくる…。 (公式HP引用)―って

えっと、悪いことはないんだけど、ほとんどセリフがなく、黙々中州小屋を建て、を耕し、農作業・・・という場面延々と続くので・・・おじいさんがを建てとる2-30分はあったがするけど、寝てしまった。

というか、寝て起きた、やっとが建ったところだった。

今日は、寝ても全く影響がなかったと思う。

数少ないセリフから、孫娘両親は亡くなっておじいさん親代わりになっとるとわかった。

はどんなとこに住んどるのかわからんけど、あんな物騒場所なのに、少女孫娘一人に乗ってやってくるので、何かあるんじゃないかとハラハラしとったがね。

結局、何も起こらんかったけど。

途中でやってきた傷ついた兵士も、あっというにいなくなっちゃったし。

うーーーん、よくわからないが、孫娘成長とかも絡めて描いとるのかな。

終わりに近づくにつれ、どんどんとうもろこしが枯れ枯れになっていくのに収穫する様子がなく、「いったいいつ収穫するんだドキドキしとったら、最後最後にあんなことになってしまった。

ほれみやあ、なんでもっと早く収穫しんかったのか!?

おじいさんは、「おまえが成長するまで生きていたい」みたいなことを言っとったけど、見れなくなっちゃったんだろーか。

そんな感じでした。

よくわからんけど、80点!!


少女は可愛い。

<とうもろこしの島>
とうもろこしの島
posted by RACO at 21:50| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン