2016年11月11日

『ボクの妻と結婚してください。』見た!!

<ボクの妻と結婚してください。>
ボクの妻と結婚してください。
映画
を見るのもちょっと疲れてきたけど、今日もベイシティ名古屋へ。

「泣けるのかな・・・」
と思って、『ボクの妻と結婚してください。』を見た!!

ボクの妻と結婚してください。

内容は、

バラエティー番組の放送作家・三村修治(織田裕二)は多忙な日々を送っていたある日、末期のすい臓がんで余命6か月と宣告されてしまう。

ショックを受けながらも家族のため何ができるのか考えた彼は、自分の代わりに家族を支えてくれる人を見つけようする。

そこで、以前一緒に仕事をしたことがあり、今は結婚相談所の社長である知多かおり(高島礼子)に、自分がこの世を去った後の妻の結婚相手を探してほしいと頼み……。 (Yahoo!映画引用)−って

まあ、そこそこ面白かったけど、「こんなことありえんよな〜」と思って見とった。

再婚相手にしても、そんなイイ人なら死別した40歳手前未亡人よりもっと若くてイイ相手がいそうなもんだし、「あんた、本当にそれでイイのか!?とかも思ったりして。

そしたら、実は・・・って種明かしがあったでホッとしたけど。

TV宣伝で聞くようには泣けず、まあグスっとしたくらいかな。

とりあえず、82点!!

織田裕二は”演技派”だとみんなが言うけど、私にはよくわからん。

でも、『IQ246』のなんとか写楽とは全くの別人だったよ。
posted by RACO at 23:08| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン