2016年12月27日

『ミス・シェパードをお手本に』見た!!

<ミス・シェパードをお手本に>
ミス・シェパードをお手本に
伏見ミリオン座
『ミス・シェパードをお手本に』を見た!!

ミス・シェパードをお手本に

内容は、

黄色いポンコツ車と、その中で暮らす誇り高き淑女ミス・シェパード。「・・・その高貴な香りは、彼女の“体臭協奏曲”」――劇作家ベネットは彼女の悪臭について気取った文体で構想してみた。

ロンドンのカムデン、グロスター・クレセント通り23番地。ベネットがここに家を買うずっと前から、ミス・シェパードはこの通りで暮らしていた。ヴィクトリア時代の邸宅に文化人が多く暮らすリベラルな地区だ。住人たちは彼女に親切に声をかけたり食べ物を差し入れたりするが、お礼を言うどころか悪態をつくばかり。やがて、路上駐車をとがめられ追い立てられる日が来たとき、ベネットはひとまずうちの駐車場に車を入れてはと親切心から彼女に提案してしまった。

ほんの一時避難にために気軽に提案したつもりが、それから15年の歳月が流れ・・・ミス・シェパードはあいかわらず高飛車な態度で、ベネット宅の駐車場で自由気ままに暮らしている。ベネットは頑固な変わり者に深入りする気はないが、やたらと音楽に詳しかったり、突然フランス語をつぶやいたりする、その謎めいた存在に作家として好奇心をかきたてられずにはいられない。

そんなある日、彼女の真実が明らかになるときが……。(公式HP引用)−って

ミス・シェパード役マギー・スミスに魅かれて見たんだけど・・・ちょっと予想と違ったな。

結局”ホームレスのおばあさんの話”

ポスターではホームレスだとわからんかった💦

いや、ホームレスだけどバン(車)はあるけど。

どこをどーしたらこの邦題になったかはわからんけど、ミス・シェパードをお手本にするべきとこは1ミリもないと思うけど!!


腹立つな、この邦題💢

映画的には面白かったけど、最初勝手なことばっかり言ったりやったりするミス・シェパードにイラついとったわ。

それに、ホームレスでも車は持てるの!?


なんか意味がわからんけど・・・

それにしても、これが実話だとしたら、イギリス人て優しいんだね。


そんな感じだけど、80点!!

posted by RACO at 16:36| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン