2016年12月28日

『こころに剣士を』見た!!

<こころに剣士を>
こころに剣士を
名演小劇場『こころに剣士を』を見た!!

まった、小さい1階劇場での上映だったもんで迷ったけど。

こころに剣士を

内容は、

1950年代初頭、ソ連の秘密警察から逃れてきた元フェンシング選手エンデル(マルト・アヴァンディ)は、エストニアの田舎町で教師としてフェンシングを教えることに。

ソ連の圧政により親を奪われるなどした子供たちはフェンシングのとりこになり、当初は子供が苦手だったエンデルも、指導を通じて新たな生きがいを見いだす。

そんな折、レニングラードで行われる全国大会に出たいと生徒たちから言われ……。 (Yahoo!映画引用)―って

主人公実在人物で、第二次世界大戦当時ドイツ軍に入っとったもんで、終戦後ソ連秘密警察に追われとったらしい。

映画の中では、ドイツ軍に入っとったと言っても、たしかから逃亡しちゃって・・・みたいなことだったと思うんだけど、それでもダメなのか!?

なんだかずっと、静かで暗くて・・・てシーンばっかりだったけど、意外と寝んかった。

無名チームが、どんどん有名校に勝ち進んでく姿は、かなり小気味よかったワ。

結局校長密告であっさり捕まって強制収容所に入れられちゃったけど、すぐに解放されたんだわ。

生徒たちの大きさがほとんど変わってない感じだったでね。

エストニアの男性たちがほとんどいなかったんだけど、あれは圧政のためになの

連れ去られて働かされとるってことなのかな

この主人公同様ドイツ兵として働いとったからだと思っとった。よくわからん。

こんなところで、83点!!

posted by RACO at 17:51| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン