2016年12月28日

『幸せなひとりぼっち』見た!!

<幸せなひとりぼっち>
幸せなひとりぼっち
同僚旦那さまおススメの、『幸せなひとりぼっち』を見た!!

これも、名演小劇場の小さい方。

今日は、いつもの角席を取られたので、二列目前列座高が高くても大丈夫

でも、やっぱり前方だとが痛くなるワ。

それはさておき・・・


幸せなひとりぼっち

内容は、

愛する妻を亡くした孤独な中年男オーヴェ。かつて町内の自治会長を務めたこともあり、近所には規律に厳しい人間として知られていた。年齢を重ねてからは気難しさに拍車がかかり、いつしか鼻つまみ者でしかない厄介なおじさんと化していた。地域の治安を守るため、共同住宅地の監視役を自ら買って出ていたのだが、数年前、自治会選挙で落選。今や、誰からも望まれていない見回り日課とする日々を送っているのであった。

オーヴェは43年間、鉄道局職員としての仕事を全うしてきたが、突如クビを宣告されてしまう。家に帰れば、今は亡き妻の面影が脳裏をよぎる。孤独に耐え切れなくなった彼は、自宅の天井にロープをかけ、首つり自殺を図る。ところがその時、向かいのテラスハウスへ引っ越してきたパルヴァネ一家の騒がしい声がオーヴェの耳に飛び込んでくる。一家の車がオーヴェの家の郵便受けにぶつかってしまい、自殺どころではなくなってしまう。オーヴェは外へ飛び出すと烈火のごとく怒り、挨拶もしないまま代わりに車を駐車場にきれいに車を停め、ぶつぶつ文句を言いながら家に帰る。

翌日、迷惑をかけたと思ったパルヴァネが、お詫びのペルシャ料理を届けに来る。オーヴェとパルヴァネ。生き方も考え方も違う二人だったが、この美味しい手料理をきっかけに、思いがけない友情が芽生えていく。頑固な態度は相変わらずだが、近所同士のあたたかい交流に心を溶きほぐされていくオーヴェ。やがて、オーヴェは妻・ソーニャとの出会い、そして、妻と自分の人生を一変させたある出来事について語り始めたのだった…。(公式HP引用)―って

たしかに、今年最後映画に相応しい温かくて優しい気持ちになれるだった。

いい気分帰路へ。

映画構成も良かったし、笑えるとこもあるし、泣けるとこもあるし。

84.5点!!

ひとりぼっちでも、あんな風に最期を迎えられればいいよね。

近所家族みたいに親身になってくれる人たちがいればいいよね。

でも、実際病気になって介護必要になったり、人間関係希薄だったり、信用できるがいなかったり・・・難しいんだろうな・・・

posted by RACO at 19:46| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン