2017年01月25日

『本能寺ホテル』見た!!

<本能寺ホテル>
本能寺ホテル
まだまだ引越し後片づけが残っとるけど、ポイント有効期限今月末で切れちゃうので、109シネマズ名古屋へ。

『本能寺ホテル』を見た!!

本能寺ホテル

内容は、

倉本繭子(綾瀬はるか)は、ふとしたきっかけで京都の路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル”に宿泊する事に。

なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルだった。

一方、時は1582年。

天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は森蘭丸(濱田岳)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。

冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。


そんな時、見慣れない格好の女(繭子)が一人、寺に迷い込んでくる。

その女は、400年後の世界からやってきた現代人。

繭子は自身も訳のわからぬまま、信長と京都の町を見物するなど、交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。

やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき・・・・・・・・・。(公式HP引用)−って

こーーいうの大好き

なんかワクワクする。

キャスト映画構成も、全てが良かった

笑えたし。

ただ、本能寺信長遺体がみつかっとらんことから、ひょっとして現代に来るのかな〜と思ったんだけど・・・。・・・そうはならんかったな。

90点!!

もー一回見たい。

posted by RACO at 21:05| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン