2017年02月16日

『母の残像』見た!!

<母の残像>
母の残像
なんとなくになって、『母の残像』を見た!!

名演小劇場にて。


母の残像

内容は、

著名な戦争写真家であった母イザベルの突然の死から3年後、開催されることになった回顧展の準備のため、長男のジョナが父ジーンと引きこもりがちな弟コンラッドが暮らす実家に戻ってくる。

イザベルの死には事故なのか自殺なのかなど不可解な部分が多くあり、当時まだ幼かったコンラッドにはその真相は隠されていた。

久しぶりに集まった彼らは、写真展の準備の過程でイザベルへのそれぞれの思いを語るなか、明らかになる彼女の知られざる一面や秘密に戸惑い、悩む。

しかしその結果、妻の、そして母の本当の姿が彼らの中で共有されるにつれ、その死を徐々に受け入れて、家族の絆を取り戻していくかに見えたが…。(公式HP引用)―って

映画は、終始暗くて重たい雰囲気

うーーーん、悪くはないけど・・・

結局自殺だったのか!?


でも、自殺する理由がわからん。

自殺するほどのことじゃないがする。

好きなことやってきといて、ソレはないわ。

長男が、の残した写真を見つけて、あることにづき、悩む気持ちはわからんでもないけど・・・だからって、元カノとなんでああなる

意味不明!!

結局不倫家系なのか!?

まあ父親は、死別したあとだから不倫でないけど、同僚で、しかも子どもの担任教師って・・・!!

乱れ過ぎ。

次男コンラッドは、変わっとるように見えて、一番フツーなのかも知れん。

とまあ、そんな感じで、映画問題解決したようなしてないようなとこで終わり、なんだかよくわからんけど・・・

80点!!


posted by RACO at 21:27| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン