2017年03月01日

『素晴らしきかな、人生』見た!!

<素晴らしきかな、人生>
素晴らしきかな、人生
ファーストデーベイシティで・・・ん?ベイシティのファーストデー『素晴らしきかな、人生』を見た!!

どーせ水曜日だからレディースデー1,100円なんだけど。

素晴らしきかな、人生

内容は、

広告代理店の代表として成功してきたハワード(ウィル・スミス)だったが、愛する人を失ったのを機に仕事も私生活もままならなくなってしまう。


やがて会社の業績も悪化し、社員たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)も気が気ではない。

そんな中、ハワードは舞台俳優たち(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン)との出会いによって、少しずつ変化していき……。(Yahoo!映画引用)―って

これも酷評されとるけど、私は悪くはないと思ったよ。

確かに、あんだけ立ち直れんかったハワードが、映画の終わりが近くなって突然回復したがしんでもないし、意味不明なとこは多々あったけど。

あの、”子供をなくした親の会”みたいなとこの主催者女性ハワード関係実は・・・ってのは、へぇ〜と思って、なんか意味がわからんかった。

はっ、どーいうこと?

ハワードは心を閉ざして本当に忘れちゃってた、ってこと

”他人になれたら・・・”とかカードに書いて他人のフリしとった、ってこと

はーーーっ?

全然わからんがね!!


それと、「死」「時間」「愛」3人は、私は実在舞台俳優だと信じて疑わんかったんだけど、レビューになることが書いてあった。

そーなんだわ・・・

確かに、なんでビデオに映ってないの、とは思っとった。

画像処理したのかと・・・

でも、ハワード会社同僚たちは自分ペア以外俳優も見えとったんだよね??

こーいうのって騙すように騙すように作っとるから、結局は見る人次第なんだよな。

なわけで、ワケがわからんけど、80点!!

ケイト・ウィンスレットは、最近また綺麗に見えてきたねぇ。

舞台クリスマスニューヨークだったので、年末公開だったらもっと良かったかもと思う。

そしてまた、邦題はちょっと違う。

”素晴らしきかな、人生”っていうではないと思う。
posted by RACO at 23:08| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン