2017年03月07日

『ラ・ラ・ランド』見た!!

<ラ・ラ・ランド>
ラ・ラ・ランド
もう少しあとでもイイかな〜と思いつつ、見れる時に見といた方がいいか、とラ・ラ・ランドを見た!!

座席指定ができてゆったりしとるベイシティで見たかったけど、どーにもこーにも『ラビング』との時間調整がうまくいかんかったので、伏見ミリオン座にて。

ラ・ラ・ランド

内容は、

夢追い人の街L.A.(ロサンゼルス)、
売れないジャズピアニスト:セブと女優志望:ミアの恋の行方は─?
再び映画史を変える、予想だにしない大仕掛けが、
観るもの全てを〈ラ・ラ・ランド〉へと誘う。

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。

映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。

ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。

彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。

やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。

しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる……。
(公式HP引用)
―って

えーーーーーーーーっ!!

あんだけ騒いどいて、ビター・エンドなのーーーぉ!?

ちょっと、ガッカリ・・・

のあるミュージカル映画なのにぃ!?

ミュージカル映画はどちらかというと興味ないなのに、敢えて見たのに。

ハッピー気分になれるか、と。

が違うじゃん。

セリフだと、どーもに入ってこんのだワ。

それでも、ハッピーエンドなら・・・

切ない、切な過ぎる。

ラスト手前「実はこーでした」って終わるのかと思ったら、やっぱりビター・エンドのままだがね💨

なんでなのさ。

もーこの映画のことは忘れてしまおう

80点!!

でも、主役2人は良かった。

ミア綺麗なだけかと思ったら、けっこう思い切った演技だし、セブはやっぱりとぼけとる。


・・・なだけに、残念

忘れよう。
posted by RACO at 23:17| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン