2017年04月21日

『汚れたミルク あるセールスマンの告発』見た!!

<汚れたミルク あるセールスマンの告発>
汚れたミルク
特に深くは考えず、絶対見ようと思っとった『汚れたミルク』伏見ミリオン座で見た!!


今週から新しい短期職場に通い始めて、前半は疲れきっとったので金曜日になった。

汚れたミルク あるセールスマンの告発

内容は、

パキスタンで国産製薬会社に勤めるアヤンは、ある日、妻の勧めで多国籍企業の営業募集を知り、大手グローバル企業に就職する。

「諸君が売り込むのは世界最高の粉ミルクだ!」

赤ん坊の粉ミルクを手に、病院を行き来する毎日。

アヤンはついに、大手グローバル企業のトップセールスマンになる。

しかしある日、悪夢のような現実を聞かされる。

パキスタンで粉ミルクを強引に販売したことによって、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児が死亡する事件が起きたのだ。

その事実を知っていながら、責任放棄をする企業。

自らが販売した商品が子どもたちの命を奪っている事に心を痛めたアヤンは、たった一人で世界最大企業を訴えようとする。

しかし、次々とアヤンの前に立ちはだかる、途方もなく巨大な権力の壁。

ついには愛する家族と離れながら、男は人生の全てを投げうって立ち向かう。

子どもたちを守るため、そして愛する家族のために−−。
(公式HP引用)
―って


うーーーん・・・

これは、何だ

最初は、なんで企業が悪いのかわからんかった。

だって、粉ミルク自体は悪いわけじゃないんだよね

不衛生で溶いたり、高価だからって薄めて飲ませたりすることがイカンのだよね

企業としては、それを責められても・・・

そりゃそんなことまで責任持てんわさ。

映画企業側が言っとったように、「安全な水を国民に提供できるように整備しない国が悪い」んじゃないのかな、と私も思った。

ただ、この企業は、医師たちを買収して粉ミルクが必要じゃない母親たちに粉ミルクを処方させるような営業をしとったのが悪い、ってことなんだよね

それが原因乳幼児が亡くなっとることを知っとるのに、何もしようとしないことが問題なんだよね

まさか、ネスレ本社(なのらしい)からそういう営業をしろ、と指示されとったワケじゃないでしょ

それぞれの問題じゃないの

・・・と、ネットを調べてみたけど、よくわからんな〜

いや、どっちにしても、買収されて粉ミルク処方するような医師たちがおるこのイカンのじゃないの!?

いや、わからん。

当時大問題になって、ボイコットとかもおきとるらしい。


なわけで、わからんで、このへんでやめておこう。

映画的には良かった、81点!!

主人公元セールスマンは、このために家族何年も会えずに、に帰ることもできず、死に目にも会えなかったんだって・・・ひどいだ。

今はカナダ家族一緒に暮らしとるらしいけどね。

結局ネスレはそんなに酷い会社なんだろうか


posted by RACO at 22:28| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン