2017年05月22日

『潜入者』見た!!

<潜入者>
潜入者
松坂屋美術館『長谷川町子展』に行ったついでに、センチュリーシネマ『潜入者』を見た!!

潜入者

内容は、

1980年代、史上最大規模とも言われる犯罪帝国を築いたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。当時アメリカに流入するドラッグのほとんどが、彼の組織を経由したものだと言われていた。そんな事態を重く見たアメリカ政府は、エスコバルの息の根を止めるため、大規模な潜入捜査作戦を計画する。それはベテラン捜査官のロバート・メイザーを架空の大富豪に仕立てあげ、その財力を持って組織に取り入り、内側から組織を崩壊させるという大胆不敵なものだった−−。

原作は、アメリカの「麻薬戦争」史上最も大胆にして最も成果を上げたと言われる潜入捜査作戦に参加したロバート・メイザー本人による回顧録。およそ5年間に及ぶ危険な潜入捜査の実態を余すことなく書き記し、全世界に衝撃を与えた。(公式HP引用)―って

終始ドキドキしとった。

そして、切ない

潜入しとるロバート結婚式に集まった悪人たちを一網打尽逮捕するんだけど、みんなロバート信頼しきって参列しとる。

直前摘発警察に追われ、危険を冒して結婚式出席してくれた友人(!?)も。

もちろんみんな犯罪者で、同情余地はないんだけど、それなりの人間関係を築いとるワケで・・・悪人でもあんな風に人を騙すのはのは、あんまり後味がよくなかったワ。

非情犯罪者なんだけどね・・・。・・・

結局このに捕まった悪人たちは、長くても12年くらいで出てきとるみたいだけど、仕返しとかされんのかな・・・と、心配になった。

情報屋がちょっと可愛そうだったな。

を出したでイカンのだけど。

そーだな〜、81点くらいかな。

実は、始めの方はうとうとしちゃったんだけどね(^^ゞ
posted by RACO at 22:13| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン