2017年06月02日

『草原の河』見た!!

<草原の河>
草原の河
久しぶりに名演小劇場へ。

「チベット映画
はめずらしいな〜」と思って。

っつーか、最初モンゴル映画チベット映画か、はっきりわかっとらんかったんだけど。

どっちにしてもめずらしいし、「草原」「遊牧民族」ってキーワードが同じなんだもん。


草原の河

内容は、

チベット。空と大地が広がる。厳しい自然の中で放畜を営む家族。

幼い娘は、母が新しい命を授かったと知り、やがて生まれてくる赤ん坊に母を取られてしまうと心を痛める。

父は、4年前の出来事をきっかけに自分の父親をいまも許せないでいる。

娘、その父、そして祖父―――。

家族三代それぞれの心情を、河が見つめている。


刻々と動く雲の隙間から降りそそぐ光、急に降りだす雨、凍った河を走るバイク、子羊の鳴き声、赤ん坊を授けるという天珠をじっと見つめる娘、生と死の無垢と残酷。(公式HP引用)―とかいう

うーーーん・・・

子役演技自然でワザとらしさがなく、我が国子役たちより巧いかも知れんけど、悪くはないが面白くない。

どちらかと言うと、前に見たとうもろこしの島

とうもろこしの島

公式HPでは著名人絶賛しとって、「今年イチかも」とか言っとるけど、本気でそう思ってるんですか?と問いたい。

凡人の私にはそこまで良さがわからんかった


娯楽映画ではないからね・・・


なわけで、79点くらいで。

チベット遊牧民生活を知るには良いよ。

彼らは、お風呂とかはどうしとるんだろう

拭くだけかな。

以前モンゴルパオだかゲルだかに泊まったは、もちろんお風呂はなかった。

トイレは、確か・・・小屋みたいなが掘ってあってが渡してあったとか、そんな感じだったと思う。

もー、でしか暮らせんわ。私。

そーいえば、”天珠”って何なのかよくわからんけど、映画に出てきた”天珠”に書いてあった模様みたいなのが書かれた腕輪を、北京土産物屋でよく見かけた。

その腕輪は、チベットで作られた、と言っとったな〜

<草原の河>
草原の河

posted by RACO at 19:12| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン