2017年07月14日

『ありがとう、トニ・エルドマン』見た!!

<ありがとう、トニ・エルドマン>
ありがとう、トニ・エルドマン
今日は、伏見ミリオン座『ありがとう、トニ・エルドマン』を見た!!

なんかになって・・・

ありがとう、トニ・エルドマン

内容は、

悪ふざけが大好きな父・ヴィンフリートとコンサルタント会社で働く娘・イネス。

性格も正反対なふたりの関係はあまり上手くいっていない。

たまに会っても、イネスは仕事の電話ばかりして、ろくに話すこともできない。

そんな娘を心配したヴィンフリートは、愛犬の死をきっかけに、彼女が働くブカレストへ。

父の突然の訪問に驚くイネス。

ぎくしゃくしながらも何とか数日間を一緒に過ごし、父はドイツに帰って行った。

ホッとしたのも束の間、彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れる。

職場、レストラン、パーティー会場──神出鬼没のトニ・エルドマンの行動にイネスのイライラもつのる。

しかし、ふたりが衝突すればするほど、ふたりの仲は縮まっていく…。(公式HP引用)−って

うーーーん・・・

悪くはないよ、父親心配する気持ちもよくわかるし・・・

所々面白いし。

あの、パーティキュンキュンが脱げんシーンは笑ったワ(≧▽≦)。


でも・・・

なんかさ、いつも見とる映画とは違って、なんか遠くで見とる感じで・・・(←よくわからん)

ちょっとね、無駄長いかな。

2時間40分くらいあったんじゃなかったっけ。

なわけで、友だちには敢えておススメはしんかった。

79.5点!!
posted by RACO at 22:06| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン