2017年08月03日

やっと『昼顔』見た!!

<昼顔>
昼顔
ドラマ『昼顔』を見終わってから見るつもりだったけど、そんな時間はなく、そろそろ上映終了になっちゃいそうだったので、とりあえず鑑賞

ミッドランドスクエアシネマ2にて。


昼顔

内容は、

お互いに結婚していながら、惹かれあい愛し合うようになった笹本紗和(上戸彩)と北野裕一郎(斎藤工)。その一線を越えた関係はいつしか明るみになり、ついに二人は別れざるを得なくなってしまった。そして、紗和は夫とも別れ一人になった。

あれから3年――

紗和は海辺の町で慎ましく暮らしていた。オーナーの杉崎尚人(平山浩行)が営むレストランでの見習いと狭いアパートの往復が日課で、北野の夢を見る事さえ既に無くなっていた。海岸沿いの小さな町には、彼女の過去を知る者は誰もいない。
一方、大学の非常勤講師となっていた北野は蛍に関する講演を、ある街で行う事に。
講演中、客席に目を向けたとき、彼は言葉を失ってしまう。そこには、紗和の姿があった。
「神様は、私を試していたのでしょうか」
運命のいたずらか、再びめぐり会う二人。あの時に交わした愛を忘れられず、どちらからともなく逢瀬を重ねていく。清流ながれる蛍の住処が”約束の場所”。
そんな中、二人の前に現れたのは、北野の妻・乃里子だった・・・・・・。(公式HP引用)−って

はぁ〜〜〜〜っ!?

何これ?この終わり方!!

”不倫”だで、ハッピーエンドにするわけにはイカンのかも知れんけど、こーいう終わり方は卑怯

前にものりピー陣内孝則不倫ドラマ(竹内まりあの『純愛ラプソディ』が主題歌だったと思う)陣内事故で死なせて終り、ってのがあったと思うけど・・・また同じかい!?

途中「いっそのことこの世からいなくなってしまえば・・・」っていうようなセリフがあったから、「もしや」とは思ったけど、主人公簡単に殺すなよ。

つまらんオチだった。

他人不倫なんてどーでもイイが、途中まで上戸彩好演で面白かっただけに、非常残念!!

オチ、50点!!

こんなオチなら、わざわざ映画にしずにスペシャルドラマでイイんじゃないの!?

それにしても、恋人であれ夫婦であれ、自分からが離れた執着して、自分やその相手を傷つけようとする(心じゃなくて体を)種類には嫌悪感を感じる。

裕一郎紗和に、「私が殺したと思ってるでしょ!?殺したのはあなたよ」って言っとったけど、いやいやいや、それはやっぱりあんたでしょ!?と思った。

以上のように、がっかりな結末だった。

ほんと、がっかり・・・



例えば・・・

事故までのストーリーはそのままとして、北野先生は助かったけど意識は戻らず植物人間になったとして・・・

はさすがにあきらめて、紗和面倒を見ることになったとして・・・

北野先生はこんな状態だけど、やっと2人一緒にいられるようになったとして・・・

ラスト北野先生だけがちょっと動いて、未来期待を持たせて終り・・・みたいな。

そんなに終わって欲しかったワ。

まあ、菜々子滝沢君『魔女の条件』パクリなんだけどね。

病院治療費は、こんな事故を起こして北野先生植物人間にしてしまった意識から妻側が支払う、とか。

ダメか!?





posted by RACO at 23:13| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン