2017年08月16日

『銀魂』見た!!

<銀魂>
銀魂
小栗旬
からの小栗旬『銀魂』を見た!!

なんで?、って???

だって、けっこうヒットしとるみたいだったし、いっろんなが出とるもんで面白いと思っちゃったんだわね。

銀魂

内容は、

侍の国...この国がそう呼ばれたのも今は昔の話。

江戸時代末期、宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途をたどっていた。

かつて攘夷志士として天人と最後まで戦い「白夜叉」と恐れられた坂田銀時も、今は腰の刀を木刀に持ち替え、かぶき町の便利屋<万事屋(よろずや)銀ちゃん
>を呑気に営む日々。

そんな彼の元に、かつての同志である桂小太郎が消息不明になり、高杉晋助が挙兵し幕府の転覆を企んでいるという知らせが入る。

事件の調査に乗り出した万事屋メンバーの新八、神楽の身に危険が迫ったとき、銀時は再び剣をとる。

進む道、戦う意味を違えたかつての同志と対峙し、己の魂と大切な仲間を護るために――。
(公式HP引用)−って

えーーーと・・・


うーーーん・・・

これは・・・

出だしはそこそこ面白かったんだけどさ、本編に入ってからは、「おばさんが見る映画ではないな」と思った。

全く内容も知らず、勝手タイムスリップ系だと思いこんどった。

そして、天人と戦う話かと思いきや、メイン腕と剣が一体化した新井浩文(絵的にこの間のキムタク映画とカブる)と戦う話だった。

「なんで見ちゃったんだろー」とちらっとは思ったけど、これは、そのぉ、”祭”だな。

”祭”だからしかたない。

”桂””ヅラ”と呼ぶのは私のツボにはまった!!

柳楽優弥は思ったよりかっこいいね。

勘九郎はこんな(というのは失礼だけど)映画のバカバカしいことでもすっごい真剣に演じとって、さすがだと思った。

そんな感じ。

はつけれん。

小栗旬が好きだし、”グラブる”の2人も好きなので、まあヨシとするわ。


以上
posted by RACO at 23:09| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン