2017年08月25日

『ローサは密告された』見た!!

<ローサは密告された>
ローサは密告された
たまにはこんな映画も見たくなって・・・

伏見ミリオン座『ローサは密告された』を見た!!

ローサは密告された

内容は、

マニラのスラム街で、小さなコンビニエンスストアを夫婦で営みながら、4人の子供を育てるローサ(ジャクリン・ホセ)。

ローサは地元の人気者だったが、家計のために少量の麻薬を扱っていたことが原因で、夫と共に逮捕されてしまう。

子供たちは、腐敗した警察から両親を取り戻そうと力を尽くすが……。(Yahoo!映画引用)―って

画面を見ながらずっと、「町が怪しいし汚いし(失礼っ)絶対フィリピンには住めん!邦人もよく殺されとるし・・・」と思っとった。

警察に連れて行かれて最初のうちは、自業自得だと思って全く同情できず・・・

”密告”されたけど”密告”しとるで、そこんとこも同情できん。

でも途中から、ここの人たちは麻薬でも売りさばかんと生活してけんのかもな〜と、ちょっと気の毒に思い始めた。

何より、子どもたちが可哀想だ。

親戚罵倒されながらもおを貸してもらいに行ったり、男の子同性相手を売ったり。

それにしても、登場人物がみんな自然で、ドキュメンタリー映画みたいだった。

フィクションとは思えん。

フィリピン警察腐敗は聞いたことある。

そーいえば、国内麻薬撲滅のために麻薬関係者殺害してもイイっていう”令”を出したのってこの大統領だよね。

ってことは、下手したら、ローサも殺されとったってことだろうか。

恐ろしい、恐ろしい。

やっぱりフィリピン無理だ!!

映画テーマはそこじゃないのも知れんのだけど。


麻薬撲滅するためには、まず国内貧困をなくすことなんじゃないんだろうか・・・。・・・

ねぇ、大統領!!

がズレたけど、82.5点!!

けど、面白い話ではない。
posted by RACO at 23:29| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン