2017年08月28日

『おしゃれ泥棒』見た!!

<おしゃれ泥棒>
おしゃれ泥棒
ミッドランドスクエアシネマ”午前10時の映画祭”にで、『おしゃれ泥棒』を見た!!

おしゃれ泥棒

内容は、

美術品収集家として知られるシャルル・ボネ。

実はすご腕の贋作画家で、自分で制作した偽美術作品を好事家に売るという裏稼業に手を染めていた。

一人娘のニコル(A・ヘプバーン)は父に贋作作りをやめるように忠告するが聞く耳を持たないばかりか、贋作の「チェリーニのヴィーナス像」を美術館に貸し出してしまう。

そんなある夜、ボネの屋敷に一人の男が忍び込む。

たまたま居合わせたニコルに見つかった男はシモン(P・オトゥール)と名乗る泥棒だった。

ニコルは見逃すかわりに、シモンにヴィーナス像を盗み出すように依頼する。
(午前10時の映画祭8引用)―って

今まで見た三作品ではいちばん面白かったがするのに、寝ちゃった。

もう眠くて眠くて、どうしても起きていられず・・・

なんでかな〜

お父さんの、特に眉毛がものすごくインパクトがあったけど、これは何?コメディなんだよね。

オードリーはすでに30代半ばらしいけど、そんなには全然見えんかったけどな。


ただ、オードリー「パパ」言い方がものすごくになった。

そう、『麗しのサブリナ』から。

フランス語「パパ」て、あーいう感じなの・・・

いやいやいや、英語で話しとるし。舞台パリだけど。

どういう設定なのかわけわからん。

まあいいや、ちゃんと見たかったのに、寝ちゃうなんて大失敗!!

なんとなくはわかったけど・・・

今回は相手役がそれほどおじさんでなく、ちょうどイイ感じだった。
posted by RACO at 12:34| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン