2017年09月01日

『スキップ・トレース』見た!!

<スキップ・トレース>
スキップ・トレース
がついたら上映が始まっとった『スキップ・トレース』ミッドランドスクエアシネマで見た!!

予告編とか流れとらんかったよねぇ。

だいぶに、ジャッキーが撮影中に怪我―とかいうネットニュースは読んだがするけど、これか。

Yahoo!映画評価を見たら、なんと、5段階中5だったので、「マジか!?」と見ることにした。

スキップ・トレース

内容は、

香港警察の刑事ベニー・チャン(ジャッキー・チェン)は、香港犯罪界のドンと疑うヴィクター・ウォン(ウィンストン・チャオ)を捜査中、同僚のヤン(エリック・ツァン)を失った。一人娘のサマンサ(ファン・ビンビン)を託されたベニーはその後見人として面倒をみることに。9年後。引き続きヴィクターを追っていたベニーは、潜入捜査の失敗から住宅街に甚大な被害を与えたことで停職処分を受ける。

その頃、マカオのカジノで働くサマンサのもとに現れたアメリカ人詐欺師コナー・ワッツ(ジョニー・ノックスヴィル)はサマンサを巻き込んだイカサマにより大金をせしめて姿をくらます。サマンサの上司ウィリーは何としてでもコナーを探し出すようサマンサに命令、彼女はベニーに助けを求める。

コナーが既にロシアまで高飛びしているとわかったベニーは、単身ロシアに乗り込んで彼を逮捕した。が、なぜか二人まとめて追われることになってしまう。実はコナーはロシアン・マフィア、香港マフィアなどありとあらゆる組織に狙われている厄介者だったのだ。とんだ疫病神に出会ってしまったベニーだったが、何と、よりによってこの男が、ベニーが9年も追っているヴィクターの事件のカギを握っている人物だということがわかる。二人は衝突しながらも世界を逃げ回ることに。

逃亡先でさらに敵を作るコナー。怒り心頭のベニー。これ以上ないほど相性最悪なコンビは、巨大な犯罪に立ち向かうため、いや目の前の敵からとりあえず逃げるため、ありとあらゆる手段を使って目的地マカオを目指す。果たして、大逃亡の行方は!?(公式HP引用)―って

これは確かに面白い

ジャッキーはだいぶとってが小さくなったけど、アクション健在だし、誰?このジム・キャリーみたいなジェリー藤尾みたいなラビット伊東みたいなアメリカ人!!

(今どき、ジェリー藤尾を知っとるなんておらんでがバレる・・・)

モンゴルクダリはちょっと長いもしたけど。

マトリョーシカシーン、うけた


ジャッキー、強いし・・・

面白かったしジーンとくるとこもあって良かったよ。


かなりおススメ

ロシア中国の怖いたちのバトルなんてサイコーじゃない!?

でも、ほとんど死なない。


ハンサムなんとかって、このミスターブー映画にも悪役で出とったな。

えっ、この人、半島の人なの?


まっ、とにかく、86点!!

香港映画ジャッキー映画?)はこうでなきゃ。
posted by RACO at 17:08| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン