2017年09月11日

『ダンケルク』見た!!

<ダンケルク>
ダンケルク
ミッドランドスクエアシネマポイント『ダンケルク』を見た。

Yahoo!映画評価はあんまりよくなかったので、「帰国後でもいいかな〜」と思っとったんだけど、友達「よかった」と言うので、慌てて見ることにした。

(明日から渡米予定)

内容は、

生き抜け。

海の町ダンケルクに追い詰められた英仏軍40万人。
若き兵士トミーは絶体絶命の地から脱出できるのか?

フランス北端ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士。背後は海。陸・空からは敵――そんな逃げ場なしの状況でも、生き抜くことを諦めないトミー(フィオン・ホワイトヘッド)とその仲間(ハリー・スタイルズ)ら、若き兵士たち。

一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、民間船までもが動員された救出作戦が動き出そうとしていた。民間の船長(マーク・ライランス)は息子らと共に危険を顧みずダンケルクへと向かう。英空軍のパイロット(トム・ハーディー)も、数において形勢不利ながら、出撃。こうして、命をかけた史上最大の救出作戦が始まった。果たしてトミーと仲間たちは生き抜けるのか。勇気ある人々の作戦の行方は!?(公式HP引用)―って

戦争映画だけど、手足は飛ばんしも出ん。

そこはよかった。

でも、ハラハラドキドキだったよ。


レビューに、「日本人としては敵前逃亡はああだこうだ・・・」なんて書いとるがおったけど・・・

はぁ〜っ、別に戦わずに逃げ帰ったっていいじゃん。

勝機がないなら敵に背中を見せてもいいがね。

犬死にするなんてバカだ、と私は思うけどね。

民間で死しんじゃった若者気の毒だったね・・・。・・・

あのイギリス人なのかな!?

変わったしとった。

それから、やっぱり空軍パイロットトム・ハーディーだったんだよね。

いつものクセのある話し方じゃなかったから確信できんかった。

はははっ

ラストイギリス側海軍偉い人フランス兵士も助けようとするとこで終わって安心した。

やっぱり、日本が絡んでないと落ち着いて見られる。

82点!!
posted by RACO at 18:42| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン