2017年10月31日

『婚約者の友人』見た!!

<婚約者の友人>
婚約者の友人
評価が高かったので、見ることにした。

伏見ミリオン座にて。

婚約者の友人

内容は、

1919年、戦後のドイツ。

愛する人の墓の前で泣いていた見知らぬ男。

彼の正体が明かされた時、新たな謎の扉が開く―――

1919年、戦後の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツを亡くし悲しみの日々を送っていたアンナは、ある日、フランツの墓に花を手向けて泣いている見知らぬ男に出会う。戦前のパリでフランツと知り合ったと語る男の名はアンドリアン。アンナとフランツの両親は彼らの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアンドリアンに”婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アンドリアンは自らの”正体”を告白する。

いくつもの謎を残したまま姿を消したアンドリアンを探すために、フランスへ旅立つアンナ。パリ管弦楽団、ルーヴル美術館と、心当たりを訪ね歩くアンナは、アンドリアンが入院したという病院へたどり着き、衝撃の記録を見つけるのだが―――。(公式HP引用)―って

まず、タイトルだけ見て、婚約者の友人を好きになるゲス不倫的な話かと思ったら、違った。

に、婚約者戦死して、婚約者の友人とフツーに恋に落ちる話かと思ったら、それも違った。

アンドリアンフランツで泣いとったので、実は二人は恋愛関係にあるって話かと思ったら、また違った。

ひょっとして、何かワケがあってアンドリアンがフランツ?整形しとるとか?とも思ったけど、さすがに違う。

そして、オチ

何だそれ?

結局・・・アンドリアンフランス婚約者がおって、結婚するのかい

アンナに対する思わせぶりな態度だったのか!?

なんか嫌な感じ。

当時ドイツフランス関係興味深かったけどね。

81点!!

アンナ婚約者戦争で殺されて、一人でどう生きていくのか・・・。・・・

posted by RACO at 23:11| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン