2017年12月20日

『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』

<ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命>
ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命
『光』に続いて、伏見ミリオン座ユダヤ人を救った動物園を見た!!

ユダヤ人を救った動物園

内容は、

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、当時ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。

しかしその年の秋、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。

動物園の存続も危うくなる中、アントニーナはヒトラー直属の動物学者・ヘックから「あなたの動物を一緒に救おう」という言葉と共に、希少動物を預かりたいと申し出を受ける。寄り添うような言葉に心を許したアントニーナだったが、ヤンはその不可解な提案に不信感を募らせていた。

ヤンの予感はまさに的中し、数日後、立場を一転したヘックは「上官の命令だ」という理由をつけて、園内の動物たちを撃ち殺すなど残虐な行為に出る。

一方でユダヤ人の多くは次々とゲットー(ユダヤ人強制居住区)へ連行されていく。その状況を見かねた夫のヤンはアントニーナに「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をする。

ヤンの作戦は、動物園をドイツ兵の食料となる豚を飼育する「養豚場」として機能させ、その餌となる生ごみをゲットーからトラックで運ぶ際に、ユダヤ人たちを紛れ込ますというものだった。人も動物も、生きとし生けるものへ深い愛情を注ぐアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。連れ出された彼らは、動物園の地下の檻に匿われ、温かい食事に癒され、身を隠すことが出来た。しかし、ドイツ兵は園内に常に駐在しているため、いつ命が狙われてもおかしくない。アントニーナの弾くピアノの音色が「隠れて」「静かに」といった合図となり、一瞬たりとも油断は許されなかった。

さらにヤンが地下活動で家を不在にすることが続き、アントニーナの不安は日々大きく募る。それでも、ひとり”隠れ家“を守り抜き、ひるむことなく果敢に立ち向かっていくのだが−。(公式HP引用)―って

こんな歴史的なことがあった動物園

ワルシャワに行ったに行けば良かった。

全くにしてなかったけど、ガイドブックに載ってたのかな。

今なら絶対行くのに。

杉原千畝もそうだけど、当時危険を冒してユダヤ人を救ったたちは本当勇気があったと思う。

本当尊敬する。

生ごみに紛れてユダヤ人たちをゲットーからに出してかくまうことができたなんて、意外とゆるかったのかなと思ったけど、きっと命懸けだったからなんだろうね・・・

ずっと緊張感があったけど、この映画ハッピーエンドだったから良かった。

旦那さんもを撃たれたにもかかわらず、戻って来られたし。

ポーランドドイツ関係もよくわかった。

ただ、この映画出演者英語を使っていたけど・・・どーいうこと!?

本当ポーランド語!?

まっ、まーいいか・・・

別に、アントニーナは英語圏の出身だった、ってことではないよね!?

ハリウッドで作ったから(そうなの?)英語だった、だけだよね!?

紛らわしい・・・

ところで、確かにレディースデーでも何でもないだったけど、観客はたったの6人

でもこーいう映画こそ、もっとたくさんの人が見るべきだよな、と思った。

動物を愛する主人公たちの気持ちにも感動した。

86点!!

ホント、比較的ハッピーエンドで良かった。

posted by RACO at 23:56| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン