2018年01月25日

『悪と仮面のルール』見た!!

<悪と仮面のルール>
悪と仮面のルール
センチュリー1
上映になったのを狙って、『悪と仮面のルール』を見た!!

悪と仮面のルール

内容は、

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。

やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。

十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。

そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。(公式HP引用)―って

玉木宏PV

だけど、どうしてもB級感が否めない。

ってか、韓国ドラマっぽくないか!?

子供時代から始まるし。

原作小説らしくて、作者は、これから上映予定斎藤工『去年の冬、きみと別れ』ってのも書いとるみたい。

それにしても、“邪”の家系、って・・・。・・・

あまりにも内容突飛だで、小説ならイイかもだけど、映画だとね。

ボスキャラたちが、思いの外、あっさりと去ってっちゃうし。

あんなに悩まされとったのに、を疑った!!

あのお兄さんはかなりイカれとったで、いつ反撃してくるか、あの探偵も、いつ捕まって痛めつけられるかと、ヒヤヒヤしとったんだけど。

ま、まーいいや。

でも、どうかな・・・

78点!!

ちょっと残念だった。

posted by RACO at 22:55| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン