2018年02月03日

『ローズの秘密の頁』見た!!

<ローズの秘密の頁>
ローズの秘密の頁
本日二本目『ローズの秘密の頁』を見た!!

ローズの秘密の頁

内容は、

40年間もの長い月日を病院で過ごしてきた老女ローズ。

半世紀にわたって封印されてきた彼女の過去が、 今、1冊の聖書によって紐解かれる――

取り壊しが決まった聖マラキ病院。

転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医スティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は、病院で40年間もの長い時間を過ごしてきたローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。彼女は自分の赤ん坊を殺した罪を背負っていた。しかしローズは、その罪を否認し続け、自身を本名とは別の「ローズ・マクナルティ」と名乗り続けていた。

グリーン医師は、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。そして彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、グリーン医師を前に自分の人生を語り始める―― (公式HP引用)―って

なんか、登場人物全員ギスギスしとって、全員不幸

グリーン医師看護師(!?)をのぞいて。

なんか、神父が悪いんだけど、神父も哀れで、思うと、ローズを想う気持ちが切ない。

間違った愛情だけどね。

あの、ローズ結婚したイギリス人は、どうしてたちに目の敵にされとったのか!?

イギリス&アイルランド問題!?

あのイギリス人は殺されちゃったの!?

ローズはその美しさゆえに、40年もの、子どもと引き離され、精神病患者として閉じ込めらとったなんて・・・。・・・

何とも言えん。

なワケだけど、けっこう良かった。

とりあえず、ハッピーエンドで良かった。

”若い”ローズと”老人”のローズの骨格がどうこう〜言っとる意見もあるけど、そんなことはどーでもいいわ。

確かに、同一人物に見れるかと言ったらキビしいけど、目の色とか雰囲気が似とったがするけど。

83点!!

posted by RACO at 23:07| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン