2018年02月11日

『ギルバート・グレイプ』見た!!

<ギルバート・グレイプ>
ギルバート・グレイプ
ミッドランドスクエアシネマ”午前10時の映画祭”で、ギルバート・グレイプを見た!!

ちなみに、この”午前10時の映画祭”は、いつ見ても、1,100円均一ね。

ギルバート・グレイプ

内容

アイオワ州の小さな田舎町に住むギルバート・グレイプ(J・デップ)は、生まれてから一度もこの街から出たことがない。

彼には、重い知的障害を持つ弟アーニー(L・ディカプリオ)、夫の死から7年間も自宅にひきこもっている母、そして2人の姉妹がいる。

毎日のように小さなトラブルを起こすアーニーに手を焼きながらも、ギルバートは街の食料品店で働き家族の面倒を見ていた。

そんなある日、彼は少女・ベッキー(J・ルイス)と出会う。

彼女は祖母との旅の途中で車が故障したため、しばらく街に滞在することになったのだ。(午前10時の映画祭8引用)―って

若き日のジョニデディカプ共演しとるらしいので、見てみた!!

途中
で、ひょっとして、オチのない日常を延々と見せられとる系のヤツか!?、とづいた。

それでも、二人を見とるだけで楽しめる。

ジョニデイケメンだし、ディカプ障害者演技はお見事

障害者にしか見れん。

障害者施設寝泊まりして観察したらしいけど、だからって、あんなに演じられるもんだろうか。

レオナルド、スゴい

お母さんをあんなに焼いちゃって、犯罪じゃないのかな、とは思うけど・・・

まあいいや。

84点!!






posted by RACO at 14:56| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン