2018年03月01日

『15時17分、パリ行き』見た!!

<15時17分、パリ行き>
15時17分、パリ行き
予告編を見たから、絶対見ようと決めとった。

ミッドランドスクエアシネマ
レディースデーっていうかファーストデーで、『15時17分、パリ行き』を見た!!

15時17分、パリ行き

内容は、

2015年に起きたパリ行きの特急列車内で554人の乗客全員をターゲットにした無差別テロ襲撃事件。

極限の恐怖と緊張感の中、武装した犯人に立ち向かったのは、ヨーロッパを旅行中だった3人の心優しき若者たちだった。

なぜ、ごく普通の男たちは死の危険に直面しながら、命を捨てる覚悟で立ち向かえたのか!?

本作では、なんと主演は“当事者本人”という極めて大胆なスタイルが採用された。

実際の事件に立ち向かった勇敢な3人がそれぞれ自分自身を演じている。

さらに乗客として居合わせた人たちが出演し、実際に事件が起こった場所で撮影に挑んだ究極のリアリティーを徹底追求した前代未聞のトライアル。

我々はこの映画で“事件”そのものに立ち会うことになる。

まだ誰も踏み入れたことのない新しい映画の可能性。

87歳を迎えても尚、新たな挑戦を続けるトップランナーは、いつ、どこでテロに直面してもおかしくない今、我々誰もができること、必要なことを提示する。

当事者の目線から今の時代を生きる私たちすべてに問いかける真実と現実。(公式HP引用)―って

えっ、今この内容を読んで、始めて知った!!

本人が出てたんだ!!

こういう実際にあったって、だいたいエンドロール本人が出てきたりするんだけど、「出てこんかったな〜」と思っとった。

へぇ〜、それってスゴイな。

素人ワリに、演技上手くない!?

素人クセに、緊張もしずに、あのマシンガントーク!!

まーそんなことはどっちでもイイけど・・・

レビューに書いてあった通り、本題に入るまでが長い。

そして、本題に入ると、あっというに終わる。

そーだよね、そーだわ、あーいうことになるよね。

事前レビューを読んでったので、なるほどね、と思った。

ま、まー仕方ないよね、と思いつつ、旅行シーンは長過ぎて、途中からうんざりしてきた。

えっ、お母さんも本物!?

違うか、お母さんは他の映画でも見たことあるし。

ところで、確かにあの3人はスゴいと思うけど、最初を奪って撃たれた表彰されるべきだと思うけどね。

て感じで、レビューが言うほど悪くないけど、79点かな。

それにしても、アメリカ人てスゴい

たまたまあんな場面遭遇して、あんな行動できるなんて。

あと、全くカンケーないけど、アメリカ人がしょっちゅう使う、”GUY”っていう言葉があまり好きではない。


posted by RACO at 23:00| 愛知 | Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン