2018年05月15日

『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』見た!!

<アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル>
アイ,トーニャ
ラスト『アイ、トーニャ』を見た!!

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル

内容は、

貧しい家庭で、幼いころから暴力と罵倒の中で育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴッド・ロビー)。

天性の才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。

しかし、彼女の夫だったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、スケート人生は一変。転落が始まる。

一度は栄光を掴み、アメリカ中から大きな期待を寄せられたトーニャ・ハーディングだったが、その後、彼女を待ち受けていたのは・・・・・・。

フィギュアスケート史上最大といわれる衝撃的な事件の意外な真相と、彼女の波乱万丈な半生の物語。(公式HP引用)―って

なんとなく覚えとる。

オリンピック靴ひもが切れて、審査員席に泣きながら訴えに行った場面

で、やり直したけど大したことなく・・・だったら、「最初からあきらめとけばよかったのにな」と思ったがする。

でも、

この本当なら、トーニャ・ハーディングって気の毒だったんだな。


あんな母親、イヤだ!!

さてと、81点!!


それにしても、エンドロール本人たちが出てきたんだけど、自分秘密諜報員だと思い込んどった元夫の友だちのショーン!?てヤツ、ショーン役俳優演技とソックリでうけた。

彼は、満点だワ。

posted by RACO at 23:26| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン