2018年07月11日

『女と男の観覧車』見た!!

<女と男の観覧車>
女と男の観覧車
続けて、『タイタニック』女優さんが出るので、『女と男の観覧車』鑑賞!!

女と男の観覧車

内容は、

遊園地のレストランでウエイトレスとして働くジニー(ケイト・ウィンスレット)は、かつては女優として舞台に立っていたが、今は、回転木馬の操縦係を務める夫のハンプティ(ジム・ベルーシ)、そして自身の連れ子と観覧車の見える部屋で暮らしている。

実は彼女は夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と付き合っていた。

平凡な毎日に失望していたジニーは、脚本家を目指す彼との未来に夢を見ていた。

だが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていた夫の娘、きゃろらいな(ジュノー・テンプル)が現れたことから、すべてが狂い始める。(公式HP引用)って

うーーん・・・

ジニーに全く共感できん。

気分屋で、ヒステリーで、途中からイライラしてきた。

50年代アメリカは好きな感じだったけど、いったいこの映画を言いたいのかわからん!!

セリフが多過ぎるし。

なるほど、ウッディ・アレンね。

ウッディ・アレン映画は、いつもセリフが多過ぎて疲れるんだワ。

でも、毎回ウッディ・アレンなら面白いかも、と思って見てしまう。

なんかツラかった・・・

80点!!

見る人が見れば、名作なのかもね。


posted by RACO at 00:36| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン