2018年07月13日

『ルームロンダリング』見た!!

<ルームロンダリング>
ルームロンダリング
最近、こんな邦画も見とっては、時間がどんなけあっても足りんな。

でも、どーしても見たくて・・・

センチュリーシネマ『ルームロンダリング』を見た!!

ルームロンダリング

内容は、

いわくつきの部屋から部屋へと引っ越しを繰り返す八雲御子の仕事は、ワケあり物件に住み込んで事故の履歴を帳消しにし、次の住人を迎えるまでにクリーンな空き部屋へと浄化(ロンダリング)すること。

ところが行く先々で待ち受けていたのは、幽霊となって部屋に居座る、この世に未練たらたらな元住人たち。

彼らのお悩み相談に振り回されるうちに、御子は少しずつ自分の人生と向き合っていく……。

人と向き合うことは、自分と向き合うこと。

それは時にしんどく、切なくて可笑しくもあるけれど、少し回り道をしても立ち止まって人を思いやれば、自分にも優しくしてあげることができるかもしれない。

めいっぱい頑張って疲れてしまった心をロンダリングしてくれるような、人生の次の一歩を踏み出すまでのささやかな物語は、私たちそれぞれの目に見えない姿、言葉にならない声に耳を傾け、寄り添い、そっと背中を押してくれる。(公式HP引用)―って

私は幽霊お化けが怖い。

でも、こんな幽霊ならそんなに怖くないかな。

幽霊が見える本当におるのかな

幽霊が見えるは怖くないのかな

・・・。・・・

がズレた。

特に、何かが残ったワケじゃないけど、面白かった。

家族が亡くなった肉体が死んでからも成仏するまではができるなら、言い残したことを伝えられるし、いいよね。

最期のお別れのあとに、本当最期のお別れができるし。

まっ、フツーのには無理だけど。

ってか、そんなことできる存在するのかわからんけど。

わざわざ映画館で見んくても良かったもしんでもないけど、面白かった。

80点!!

ところで、お母さんがつみきみほだったね。

つみきみほって、歌手だったっけ

何だったっけ

おったけど、忘れちゃった。

posted by RACO at 00:31| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン