2018年07月24日

『雨に唄えば』見た!!

<雨に唄えば>
雨に唄えば
久しぶりに、ミッドランドスクエアシネマ午前10時の映画祭へ。

『タイタニック』とか『シェーン』とか『地獄の黙示録』とか見たかったんだけど、引越し後の片づけで余裕がなくて。

やっと余裕がでてきたので、『雨に唄えば』を見た!!

雨に唄えば

内容は、

サイレント時代のハリウッド。

ドン・ロックウッド(ジーン・ケリー)とコズモ・ブラウン(ドナルド・オコナー)は、インペリアル撮影所で仕事を得た。

西部劇のスタントマンから人気スターへと出世したドンは、歌も踊りも上手な新人女優キャシー(デビー・レイノルズ)と恋仲になるが、スター女優のリーナ(ジーン・ヘイゲン)に妬まれ、キャシーはクビに。

その頃ハリウッドでは最初のトーキー映画が大ヒット。

時代は変わろうとしていた―。
(午前十時の映画祭9引用)―って話。

面白かった。


よくありそうなストーリーだけど、誰もが楽しめる映画

安心して見られる感じかな。

舞台ハリウッドってとこにも、興味を魅かれる。

最初公開がいつだったか知らんけど、きっと大ヒットしたんだろうな。

83点!!


posted by RACO at 12:47| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン